基調講演一覧


 Day 1 基調講演

 全講演に日英または英日の同時通訳がつきます。
 Simultaneous EN-JP and JP-EN translation will be available for all presenations.
企業/団体名 ご講演タイトル(予定)

LG Electronics Digital Development for Next Decades in LG Electronics

日野自動車株式会社 最適化シミュレーションを活用したモビリティデザイン
-開発プロセスの革新と感性領域への挑戦-
Hino Motors, Ltd. Mobility Design Utilizing Simulation-Driven Optimization
-Innovation of Development Processes and Challenge to the Sensitivity Field-

Altair User Experience: Demonstration of HyperWorks Next Generation to Maximize Multidisciplinary Productivity

株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 複合材料設計におけるCAEへの期待
Honda R&D Co., Ltd. Expectation for CAE Application in Composite Material Design

Altair Latest Developments in Altair Solver Technology

Altair Maximizing HyperWorks Solver Performance using HPC

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 航空機構造設計と構造解析技術
Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA) Structural Analysis and Aircraft Design

Altair System Modeling and Simulation in the Age of Internet of Things
-Requirements and Altair's Offering-

横浜ゴム株式会社 革新的なものづくりへの挑戦
- CAEによる設計情報の探査と可視化 -
The Yokohama Rubber Co., Ltd. Challenge to Innovative Manufacturing
-Exploration and Visualization of Design Information with CAE-

Altair Electromagnetic Solutions for e-Mobility and Connected Vehicles

Altair 次世代汎用流体ソルバーAcuSolve
-乱流遷移モデルを用いた流体解析-
  AcuSolve: next generation CFD solver

Altair モーター設計支援ツールのご紹介(FluxMotor)
 Introduction of motor design tool - FLUX Motor-



※2017/7/10 現在
※プログラムは変更になる可能性があります。

株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター
第9技術開発室 第1ブロック
漆山 雄太 様

複合材料設計におけるCAEへの期待

複合材料による軽量化ではメタル材料との違いについて認識し取り組む必要がある。そこで、CAE適用例を通してその概念を紹介する。力学的な解析においては検討スケールとダメージモデルについて紹介する。また、製造プロセスにおいても解析スケールの違うによるシミュレーションの事例を示す。これらから、力学的性能に対して、材料、製法、形状の相互影響が大きいと言われている、複合材の現状とCAEへの期待について述べる。

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
航空技術部門 構造・複合材技術研究ユニット
岩堀 豊 様

航空機構造設計と構造解析技術

航空機構造設計現場において使用される構造解析ツールは、有限要素法等の構造解析ソフトウエアだけに限定されるものではありません。あるときは、教科書や過去のデータを参考に電卓を使って構造様式の概要を検討・設定したり、表計算ソフトを用いて重量や強度のトレードオフを行うことも構造設計者は構造解析ツールとして認識しています。本講演では、著者が経験した航空機構造設計実務を通して、航空機設計の進め方や特徴をお話しながら、実務から見たツールとしての構造解析技術とその方向についてお話ししたいと思います。

日野自動車株式会社
デザイン部 デザイン開発室 先行デザイングループ
渡邊 邦彦 様

最適化シミュレーションを活用したモビリティデザイン
-開発プロセスの革新と感性領域への挑戦-

多様化、複雑化する将来社会においてモビリティデザインにもそれに応える新たな手法やプロセスの開発が求められている。ここではトポロジー最適化などの最適化シミュレーションを用い、既存概念にとらわれないデザインアイデアの創出や、「心地」につながる感性領域への応用など、お客様の多様なご要望を実現するための実験的な取り組みと、それがもたらすデザイン開発プロセスの変化と効果について、コンセプトモデルの事例を基に紹介する。

横浜ゴム株式会社
小石研究室
理事、研究室長
小石 正隆 様

革新的なものづくりへの挑戦 – CAEによる設計情報の探査と可視化 -

これまで、FEMなどの数値シミュレーションと、遺伝的アルゴリズムによる進化計算と、自己組織化マップや機械学習を利用したデータマイニングを、タイヤの形状設計とゴム材料のモルフォロジー設計に適用し、設計・開発に役立つ情報の探査と可視化を行ってきました。それらの事例と共に、革新的なものづくりを志向したCAEの役割と展望について紹介します。

トヨタ自動車株式会社
IT革新推進室
杉浦 規之 様

トヨタでのPBS活用事例

弊社では、2015年よりJOBスケジューラとしてPBSProを採用し活用している。本講演では、弊社がPBSPro採用に至った経緯と弊社から見たPBSproの良い点と改善を要望したい点などを紹介する。

LG Electronics
Virtual Design Technology Team
Materials&Production engineering Research Institute
Principal Research Engineer
Kim Sangkook 様

Digital Development for Next Decades in LG Electronics

To become a global company in consumer electronics industry, our main target is time to market, right to market. In the rapid change of various requirements from customers, manufacturers must have the ability of fast and right decision making in their development processes. In recent years, simulation based design technologies has been developed in many areas, so we can estimate many kinds of product requirements in early stage of development process. But our simulation technology hard to overcome the whole issues from the real-world, such as multi-scale, long-term reliability, stochastic, from processing to manufacturing violations etc.

In this presentations, I briefly summarize our past and current activities to minimize the above situations. Also, I will focus on the next stage for the future development environment. We call it as digital development process. Some case study examples will be discussed for understanding

Altair
Director of Global Business Development, Electromagnetic Solutions
Dr. Jordi Soler

Electromagnetic Solutions for e-Mobility and Connected Vehicles

Electrified, connected, autonomous and shared are four mobility megatrends having game-changing effects on the automotive and transportation market. These trends are like to drive more change during the next decade than over the last four decades.

This presentation will explain how Altair’s electromagnetic simulation solutions are helping customers to solve design and validation challenges related to: (a) wireless power transfer systems, electric motors and electromagnetic compatibility aspects for e-Mobility, and (b) communication modules design and virtual drive tests to reduce the costs and time of the extensive road tests being done to study and analyze new connected vehicle functions.


ガソリン車から電気自動車へと変化を遂げている自動車において、車両動力を電気とするe-モビリティに対するシミュレーション需要が高まっています。そこで、本講演では海外事例を中心に弊社FEKOおよびFluxを用いたe-モビリティ関連解析事例をご紹介します。

Altair
CTO
Dr. Uwe Schramm

Latest Developments in Altair Solver Technology

Our vision is to transform product design and organizational decision making by applying simulation, optimization and high performance computing throughout product lifecycles.

This presentation will outline the latest developments and roadmaps in Altair’s solver technology to optimize design performance across multiple disciplines encompassing structures, motion, fluids, thermal management, electromagnetics. Latest major developments include nonlinear analysis in OptiStruct, the addition of the low-frequency electromagnetics solver Flux, new GPU-based CFD solvers, as well as new optimization methodology for topology optimization.

アルテアエンジニアリング
第1技術部 テクニカルディレクタ
東京大学 大学院 医科系研究科 客員研究員
芝野 真次

モーター設計支援ツールのご紹介(FluxMotor)

ハイブリッド車・電気自動車などの普及を受けて、モーターに対する要求仕様はますます厳しくなってきており、要件仕様検討(初期設計)段階でも、より詳細なシミュレーションの需要が増してきております。そこで、弊社はより簡便にモーターの要件仕様検討を行えるモーター設計支援ツール(FluxMotor)をリリースしました。本講演ではFluxMotorの特徴についてご紹介します。

Altair
Director of HyperWorks Core Development, High Performance Computing
Eric Lequiniou

Maximizing HyperWorks Solver Performance using HPC

In this presentation, one will learn how it is crucial for Altair solvers to leverage high performance computing (HPC) to speedup complex engineering simulations. First, current trends in HPC and challenges in the development of computer aided engineering (CAE) software will be addressed. Then, the performance of AcuSolve, FEKO, Flux, OptiStruct, and RADIOSS will be reviewed, illustrated by several industrial benchmarks demonstrating the high level of scalability and parallel efficiency of Altair solvers. To conclude, some outlook for future enhancements will be discussed.

アルテアエンジニアリング
第1技術部
テクニカルマネージャ
工藤 淑文

次世代汎用流体ソルバーAcuSolve
-乱流遷移モデルを用いた流体解析-

AcuSolveは高速、高精度、安定性を確保した唯一のCFDソルバーです。有限要素法とGLS(garakin leaast square)を用い、高精度な計算を可能にしているほか、独自の流速と圧力のカップリング法により解の振動を抑え収束解を高速に得ることができます。また、ロバストなため、メッシュ品質を気にする必要はありません。

最新機能である乱流遷移モデルの有効性を示す例として、簡易ミラー周りの乱流遷移予測をご紹介します。自動車表面には、ミラー、バンパー等に層流域が存在し、そこからの乱流遷移現象の予測は空力性能の解析に重要で、抗力と揚力の予測結果に影響を及ぼします。本事例では『spalart allmaras』、『spalart allmaras + γ』、『DDES+γ』の3つの乱流モデルと遷移モデルの流体解析と、風洞実験結果を比較し、良好な解を得ることが確認できました。

Altair
Sr. Vice President Math & Systems
Michael Hoffmann

System Modeling and Simulation in the Age of Internet of Things
-Requirements and Altair's Offering-

In the age of internet of things, development organizations rely on a model based development process to accelerate innovation. Such a process means that simulation models support decision making in each stage of the product development process. To support this, models need to be multidisciplinary and may include mechanics, electrical and electronics, and software among other technical elements, and must encompass a scope of products ranging from components to IoT-enabled “systems of systems”. Varying degrees of fidelity aid the process where computational requirements or data availability might otherwise prove to be obstacles.

A key strength to Altair’s math and systems solutions is allowing development organization to move seamlessly in this multi-discipline, multi-component, multi-detail space while integrating models from various authoring tools. This will be illustrated by various e-mobility application examples.

Altair
Vice President
Modeling & Visualization Program Management
Stuart Sampson

User Experience: Demonstration of HyperWorks Next Generation to Maximize Multidisciplinary Productivity

Accessing highly complex, diverse, and sophisticated physics solutions in a single platform provides tremendous benefits. We continually work and invest to improve our user experience and Altair is excited to begin releasing next-generation HyperWorks versions to boost our users' productivity and ability to innovate. Stuart Sampson will demonstrate some of the new workflows that we believe will make HyperWorks even stronger and more robust as our users continue to expand their multidisciplinary explorations of simulation-driven design.

Image
ヒルトン東京お台場
2017年7月25日(火)・26日(水)
アルテアジャパンホームページ
イベントレポートブログ
講演資料ダウンロード

Sponsors

Exhibitors

HP_SCSK FEMFAT Integral Technology NEC Fujitsu JSOL Materialise ANDOR ISID Huawei_Japan Terrabyte AWS Microsoft

Event Sponsors

UEL