タイムテーブル


9:30-受付
10:00-10:15 ご挨拶および会社状況報告
アルテアエンジニアリング株式会社
代表取締役 社長 綾目正朋
10:15-11:15 【基調講演】造船生産現場におけるCAE技術の活用

大阪大学
大学院工学研究科地球総合工学専攻
船舶海洋工学部門
大沢 直樹 教授
11:15-11:45 Prime Shipによる設計工数削減に向けた機能紹介

一般財団法人 日本海事協会
船体開発部
関川 由唯 様


昨年7月に発効された調和CSRでは、全貨物区域における構造解析や疲労強度評価など、構造評価の工数増加が指摘されている。日本海事協会では、直接強度評価ソフトのプラットフォームとしてHyperWorksを採用し、設計工数削減のための機能開発、改良を進めている。
本講演では、昨年以降開発を行った複数ホールド一括解析機能、詳細構造作成機能の強化などの最新機能を紹介する。また現在、本ソフトをベースに他の船種への展開を進めており、今後の開発計画についても紹介を行う。
11:45-12:10 NAPA SteelとHyperWorksが創る造船設計プロセス

NAPA Japan株式会社
Manager Partnership Projects
村上 貴志 様


造船における3Dベース設計は、大型構造物の受注生産・工場生産という特殊なマーケットにより、その効果を見出すことが難しい分野でもありました。しかし、NAPA Steelによる造船に特化した柔軟で効率的かつデータ活用の多様なシステムと、工業分野全般で広く活用されているHyperWorksシミュレーションテクノロジーを組み合わせる事により、効率的な3Dベースの造船設計プロセスを構築できます。本講演ではNAPA Steelの最新動向と共に、NAPA SteelとHyperWorksを組み合わせた活用方法をご紹介いたします。
  休憩
13:30-14:00 大島造船所におけるHyperWorksの活用事例

株式会社大島造船所
設計部 構造設計課
陣川 裕一 様


本発表では、弊社のHyperWorksの導入理由や、解析・評価を行ったCSR-H PrimeShip-Hull(DSA)を含む4つの活用事例について述べる。また各事例の紹介を通して、解析・評価時に利便性が高く感じられたHyperWorksの機能について述べる。
14:00-14:30 JMUにおけるHyperWorks活用状況

ジャパンマリンユナイテッド株式会社
基本設計部 構造グループ
牧瀬 雄一郎 様


近年、商船設計における構造解析業務の負荷が高まっている。一方で、厳しいマーケット状況に対応するため設計期間のより一層の短縮化が求められており、解析業務の効率化は喫緊の課題である。
JMUではアルテアエンジニアリング(株)様とも連携し、HyperWorksを利用した解析業務の効率化を推進中である。 本講演では、JMUにおけるHyperWorksの活用状況と業務効率化への取り組みについて紹介する。
14:30-15:00

HyperWorksソルバー紹介

Altair
第2技術部 シニアアプリケーションエンジニア
脇坂 洋平


「HyperWorks」と聞いて真っ先にHyperMeshを思い浮かべる方も多いと思います。しかし、HyperWorksはプリ・ポストとソルバーが一体となったソフトウェアセットの総称です。本セッションでは、造船業界で特にニーズの高い解析を実現するためのHyperWorksのソルバー機能について、適用例を交えてご紹介します。

  休憩
15:20-15:50 ブロック吊り解析システム事例発表

サノヤス造船株式会社
技術本部 船殻設計部 構造設計課
本庄 卓也 様


近年、3Dモデルの利用拡大により計画段階で詳細なモデルが作成されており、その更なる活用が望まれている。今回、HyperWorksを用いたブロック吊り検討を行うシステムをAltair社、造船数社とともに共同開発することとなった。このシステムでは船体3Dモデルを活用して早い段階から吊りの検討を行うことができ、建造工法を検討するツールとなることが期待される。本発表ではブロック吊り解析システムの概要と今後の展望について紹介する。
15:50-16:20 HyperWorksを用いた有限要素解析の適用と評価

長崎総合科学大学
工学部
野瀬 幹夫 教授


本研究は、初期構造設計システムを構築するための一環である。その中のサブシステムの一つであるTotal-Warps(曲げの反りと捩りの反りを考慮した船体梁の全体強度解析の実用化システム)を開発している。まず、非対称I型断面梁やコンテナ船をFEMモデルとして、このTotal-Warpsの評価ツールとしてHyperWorksが利用できるかどうかを他の汎用FEMソフトと比較することにより評価した。次に、Total-WarpsがNKのコンテナ船の曲げ捩れ強度評価ガイドラインと比検討することによりTotal-Warpsの有効性を報告する。
16:20-16:50 Next Generation Simulation Technology for a More Efficient and Green Maritime Industry(海外事例)

Altair
Senior Director, Business Development
Molly Heskitt


The maritime industry continually evolves, and especially in the recent years, strives for increased innovation. Digitalization has become very important as an enabler for the industry to become more efficient and green. Altair offers the next generation simulation technology to empower shipbuilding companies to meet new regulations and engineering challenges. This presentation will introduce Altair's maritime industry solutions with application case studies from shipbuilding companies and classification societies worldwide.
16:50-17:20 HyperWorks 14.0新機能紹介

Altair
第2技術部 シニアアプリケーションエンジニア
上島 淳志


HyperWorksの最新バージョン14.0が今年リリースされました。本セッションでは、プリプロセッサ「HyperMesh」、およびポストプロセッサ「HyperView」に焦点を当て、造船モデリングでご利用いただける新機能をご紹介します。
17:20 閉会
アルテアエンジニアリング株式会社
第1技術部 テクニカルディレクタ 芝野 真次
18:00-

懇親会

※2016年8月1日更新
※プログラム内容は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
Image
アクロス福岡
2016年8月5日(金)
アルテアジャパン
HyperWorksの造船分野での活用
日程をOutlookへ保存する

Sponsors

Exhibitors

CRADLE